ゴールドラッシュEX は稼げる副業か?検証

こんにちは。今日は空き時間に簡単に収益を上げられるという”ゴールドラッシュEX”について記事していきます。

最近では大企業でも副業を推奨されるようになりました。とは言え本業が忙しいと時間的な拘束がある一般的なアルバイトなどを副業にするのも難しいです。

自分の生活スタイルに合わせて、空き時間に出来る副業があればと色々と比較・検討しながら迷っている人も多いと思います。少しでもお役に立てるよう、本当に稼げる商材なのか確認していきます。

まず、結論から言ってしまうと

ゴールドラッシュEXはオススメ致しません

その理由について詳しくお伝えしていきますが、まずは特定商取引法に基づく記載から見ていきましょう。

"<yoastmark

特定商取引法に基づく記載

副業の案件を見ていると、こんなに簡単に稼げるの?と思えるものばかりが目立ち、正直怪しいイメージがあります。

全国の消費生活センター等にも「1日○分の作業で月に数百万円を稼ぐ」とか「○万円が○億円になる投資法」といった副業や投資のノウハウと称し、お金を騙し取られたという相談が後をたたないようです。

SNS上に詐欺的な案件も数多く出回っているようで、安易に手を出すのは少々危険です。

こういった案件は、LPの情報から優良案件が悪質なものなのか、ある程度判断することができます。その判断のポイント一つになるのが特定商取引法(特商法)に基づく記載です。

特商法に基づく記載のチェックポイント

特定商取引法は、販売事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とした法律です。 訪問販売や通信販売など、消費者とのトラブルを起こしやすい業種が対象となっており、販売者が守るべきルール、クーリング・オフ等の消費者保護のルール等を定めています。

悪質な販売業者は特商法の記載が無かったり、一部またはすべてを画像データ化していることが多いです。

また、連絡先の記載が無かったり販売者が海外の事業者の場合、何かトラブルがあった際、連絡が取れなくなったら最悪泣き寝入りするしかありません。

販売者が信用できる事業者なのか、一番最初に確認すべき項目だと言えます。

一般的にはLP(ランディングページ)の下部に「特定商取引法に基づく記載」ページへのリンクがあり、そこで事業者名や運営責任者、連絡先などが確認できます。

それでは今回の「ゴールドラッシュEX」の特商法の記載を見ていきましょう。

ゴールドラッシュEXの特商法の記載

記載なし

残念ながらゴールドラッシュEXのLPには「特定商取引法に基づく記載」がありませんでした。

今回は無料のオファーなので厳密に言えば特商法の記載は必要が無いのですが、どこの誰が運営しているのか分からない、ましてやプライバシーポリシーも記載されていないオファーに個人情報を登録するのには不安を感じます。

ちなみに、なぜ特商法の記載が必要無いかと言うと、今回の事業者は直接商材を販売している訳ではないからです。「販売しない=商取引ではない」と言われればそれまでですが、真っ当なビジネスをしている事業者はキチンと記載するのが一般的です。

今まで色々な案件を見てきましたが、特商法の記載が無い・または曖昧なものは「稼げる」と広告では言っていても実際には稼げない・信用のおけないものがほとんどでした。

個人の感想にはなりますが、会社名・責任者・所在地・連絡先などの記載が無いことから、現段階では真っ当な副業案件ではなく、オプトインアフィリエイトのリスト取りがオファーの目的なように思われます

残念ながら、今回のゴールドラッシュEXもあまり期待できる案件では無さそうに感じます。

ゴールドラッシュEXのセールスコピー

あなたの資産を《爆増》させる!
ゴールドラッシュEX

空いている時間で”カンタン”に
毎日65,000円GETできる
「完全自動収益システム」

LPより抜粋しましたが、毎日65,000円が稼げるようです。

いわゆる「楽して稼げます系」の副業案件になりますが、基本的にこういった「誰でも簡単に稼げる」と謳う案件は疑ってかかったほうが良いです。

1ヶ月毎日取り組んだとすると65,000円×30日=1,950,000円になります。

まあ普通に考えてありえない話だと思います。そんなカンタンに195万円も稼げるのならば、誰も真面目に働かなくなってしまいますよね。

これがFXや株などの投資案件であれば、自己資金の額によっては短時間で稼ぐことが出来るかも知れませんが、スマホで行う「作業」ですよ。毎日65,000円を稼ぐだけの付加価値を生み出せるとは思えません。

当たり前の話ですが、お金が湧いて出てくるハズもありません。どこかの企業または個人から対価を頂き、そこから報酬が生まれているハズです。

本当に稼げると言うならば、どんなビジネスモデルなのか非常に気になるところです。

ゴールドラッシュEX の概要

さて、それでは具体的にどういった手順で稼いでいくのかというと、まずはLINEの友達登録をするようです。

LPによると公式LINEを追加することで副業がスタート。届いた情報をスマホでタップするだけで月収195万円と書かれています。

ビジネスモデルが不明

こういった作業で稼げないとは言いませんが、基本的に報酬は顧客に与えた付加価値に対する対価から得ることができます。

「スマホでタップ」するだけで、どんな付加価値を企業なり個人なりに与えられるというのでしょうか?

仮に本当に毎日65,000円を稼げるのだとしても、その報酬はどこから得ているのでしょうか?そういったビジネスモデルに関する記載が一切ないため実際に稼げる可能性は低いと考えられます。

また、本当に画期的なビジネスモデルがあったとして、運営者はなぜそれを一般公開するのでしょう?

日当1万円も払えば喜んで働いてくれるアルバイトが雇えます。

アルバイトに日当1万円を支払ったとしても、見ず知らずの第三者に65,000円支払うより運営側の利益は大きくなります。なぜ、それをしないのでしょうか?

私が経営者だったら絶対にアルバイトを雇って作業させますけどね。

この疑問が解消されない限り、安易に登録しない方が良さそうです。

ゴールドラッシュEX の実績

こういったオファーに登録する際には、必ず実績が出ているのかを確認する必要がありますが、私が調べてみた限り、実際にゴールドラッシュEXで稼げたという情報は確認できませんでした。

LPに「参加者の声」などが書かれている場合もありますが、そういったものは事業者側でいくらでも捏造することもできます。実際に登録して「稼げた」という実践者の情報をキチンと確認する必要があります。

そもそも毎日65,000円の報酬が確定しているように書かれていますが、その根拠も一切明らかにされていないため、これで「稼げる」と信じろと言われても困りますね。

ゴールドラッシュEX の口コミ・レビュー

副業に限らず例え無料のオファーだったとしても安易に登録せず、事前にネットで口コミや評判を調べるのが大切です。調べてみた限り、今のところ否定的な意見が多いようです。

少なくとも参加者の実績や評判が明らかになるまでは見送った方が良さそうですね。

本当に月収195万円稼げるのであれば、実践者は税金対策で法人成りしているハズです。

個人のままだと累進課税で高額な課税が課せられますが、法人成りしていれば自分自身への給与を含む様々な経費を引いたあとの利益に対しての課税になります。普通に考えると経費が使える、また損金の繰越ができる法人になっているでしょう。

「ゴールドラッシュEXで法人成しました」という口コミが無い時点で怪しいですし、それだけ稼げる情報を無料で提供する人がどこにいるのかと… 小一時間問い詰めたくなりますね(苦笑)

また、LINEに登録させることか・スマホでタップするだけとあることから、そこに案件を送ってくるオプトインアフィリエイトの業者の可能性が非常に高いです。

オプトインアフィリエイトとは、簡単に言えばメルマガやLINEで広告を紹介し、それを見た人がメールアドレスなどを登録することで報酬を得ることができるものです。

流れて来る案件に対して「LINE追加」や「メルアド登録」をしても、運営側に利益はありますが参加者が難しいでしょう。

多少のお小遣い稼ぎはできる可能性もありますが、LPにあるような毎日65,000円は到底無理だと思われます。

現時点では特定商取引法に基づく記載もされておらず、どこの誰が運営しているのかすら分かりません。ビジネスモデルなど不明確な部分が明らかになってから参加を検討した方が良いでしょう。

何かトラブルがあってからでは遅いですからね。

アルバイトでも副業・投資すべて同じですが、あなたが内容を理解することが出来ない案件に手を出すのは非常に危険だと言えます。

最悪の場合、詐欺グループの一員にされてしまう可能性があるので近づかない方が賢明かと思われます。気づいたら「振り込め詐欺の受け子」をやっていたとかシャレにならないですからね。

まとめ

今回は副業案件のゴールドラッシュEXについて確認してきました。色々と調べてみた結果、稼げない可能性が非常に高いと判断しました。

無料オファーなので特商法の記載は厳密に言えば必要ないのかも知れませんが、運営会社や連絡先などの記載が一切なく、どこの誰が企画したものかも分かりません。

LPには、毎日65,000円の報酬が確定しているような書き方をしていますが、どこから収益を得るのかというビジネスモデルも記載されておらず、信憑性に欠けているように思えます。

登録後にLINEアカウント追加を促されることから、本案件は悪質なアフィリエイターによるオプトインアフィリエイト企画である可能性が高いです。

仮に登録したとしてもLINEに怪しげな案件が流れてくるだけで、LPにあるような利益はとうてい出せないでしょうね。

今回のオファーは、リスト取りとアフィリエイト報酬が目的である可能性が高いので、私としては個人情報を開示するのはオススメしません。

以上のことから、本案件に参加する価値は無いように思われます。

悪質な業者を見抜く3つのポイント

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、仕事や収入が減っていまい副業や投資を検討する人が多いです。

そんな中、短時間で稼げると謳い、登録者からお金を騙し取るような悪質な業者もいます。

そういった被害防ぐための注意点を紹介します。

・誇大広告は信用しない
・購入前にネットで情報を調べる
・特商法の記載を確認する

「誰でも」「簡単に」「〜するだけ」は信用しない

・「1日30分の作業で簡単に月収100万円を稼ぐ」
・「誰でも即日即金で稼げます」
・「スマホで広告動画を見るだけで日給1万円」

ベタですが、ざっとこんな感じでしょうか。見たことがあるようなキャッチコピーですよね。

普通に考えて「誰でも簡単に○○するだけで稼げる」のであれば、一般公開せずアルバイトでも雇って作業させた方が事業者側は儲かるハズなんです。

そうせずに手間暇と広告宣伝費をかけてまで募集しているという事は、裏に何かがあるということです。

商品名(案件名)+販売会社名 で検索する

最低でも「商品名(案件名)」で検索して欲しいですが、商品に対する口コミやレビュー記事などで情報を集めて下さい。

仮に検討している案件が悪質なものだった場合、既に被害にあった人の情報なども確認することが出来ます。

とは言えアフィリエイト報酬目当てでレビュー記事を書いているアフィリエイターも存在するので、何でも鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、参加する前にキチンと調べておくことが大切です。

楽して稼ぐ方法は無い

今回のような無料オファーの場合でも、真っ当な会社は特定商取引法に基づく記載をキチンとしています。会社名や責任者名・連絡先などの記載が無い、一部および全部が画像データ化されている場合、悪質な業者である可能性が高いです。

また、個人情報を求められる案件の場合、プライバシーポリシーにもキチンと目を通しておく必要があります。第三者に個人情報が横流しされ悪用されないよう注意しましょう。

「世の中に楽して稼ぐ方法」はありません。基本的にビジネスモデルがはっきりしない物には手を出さないことが大切です。

仮にすごく気になるものがあったとしても「うまい話には裏がある」と考えて冷静に判断するようにして下さい。

タイトルとURLをコピーしました