DAYLY FX (株式会社リバイブ 川元陵太郎)は稼げるか!?

1ヶ月少々で元金256万円から710万円もの利益を出せたという”DAYLY FX”(株式会社リバイブ)について記事にしていきます。

外国為替証拠金取引(FX)は参加者の9割が1年以内に退場すると言われています。つまり、普通の人が普通に取り組んでも勝ち続けることができる可能性は低いです。

今回のオファーは成果が出る『取引戦略×取引手法』を学べるコンテンツのようですが、果たして初心者が稼げるようになる商材なのでしょうか?

早速、詳しい内容を見ていきましょう。

"<yoastmark

特定商取引法に基づく記載

気になる商材を見つけたら、まず確認したいのが特定商取引法に基づく記載事項です。

特商法は消費者保護のための法律で、消費者とのトラブルを起こしやすい業種に対して会社名、所在地、責任者、連絡先などを記載するよう義務付けています。

一般的にLP(ランディングページ)の一番下に特商法と個人情報の取り扱い(プライバシーポリシー)のページへのリンクがあります。そこから内容を確認することができます。

一通りセールスコピーを読んで「気になるな」と思ったら、購入・登録する前にかならず確認して下さいね。

特商法の記載事項のチェックポイント

まず、特商法の記載が無い場合は論外だと言えます。要は法律を守る気がない事業者だと言うことです。

基本的に特商法の記載があって当たり前、記載モレや事実と異なる内容を記載しているなど不備がある事業者にも注意が必要です。

また、記載事項のうちの一部または全部をテキスト(文字)ではなく画像データ化している会社も要注意です。なぜなら、「検索に引っかからないよう画像データ化する=何か後ろめたいことがある」ですからね。

DAYLYFXの特商法の記載

会社名 株式会社リバイブ
代表取締役 川元陵太郎
所在地 愛知県名古屋市西区上名古屋二丁目1番20号
コンセール浄心5A
お問い合わせ先 https://platinum-revive.com/blog/?page_id=157
電話番号 052-218-403
販売URL https://platinum-revive.com/entry/lp_pc/payment/

特商法の記載に不備はありません。念のため法人名で調べてみたところ、2019年2月に法人登記されており法人番号も確認できました。

DAYLYFX のセールスコピー

革新的プロセスで、トレーディングをデザイン
成果が出るのは、取引戦略×取引手法

FX系の商材は過剰な煽り文句を入れているものが多いのですが、何というかあっさりとしています。

取引戦略=勝てる相場、取引手法=損小利大のトレードということでしょうかね??

理屈の上では「勝てる相場で最大限の利益を出していく」という事になるのでしょうが、実際にトレードを始めるとそれが難しいのです。

考えなしに無意味にポジションを取ってしまったり、「もう少しすれば値段が回復するかも」と感情に流されて損失を膨らませてしまうのは誰もが通る道です。

そういう失敗をしないようトレード手法をキチンと学んでおくのは間違いではないと思います。

DAYLY FX の概要

DAILY FXで学べる4つのポイント
・仕組みと用語
・手法の設計図
・具体的な取引手法
・手法のガイドマップ

仕組みと用語はともかくとして、勝てる相場でトレードをするという「手法の設計図」は学ぶべきことかと思いますし、エントリーや利食いのタイミングなどの取引手法も知っておくべきです。

具体的には以下のようなコンテンツになっています。

・取引戦略の設計図【8661文字】
・取引戦略の設計図補足【5694文字】
・手法ガイドマップ【9570文字】
・手法解説に欠けていたこと【4514文字】
・上記含む文字ギッシリの6ページで相場の本質が学べる!
・その他、随時追加コンテンツ
・随時ゲリラ開催されるZOOMセミナー
・公式LINEでのサポート3ヶ月(期限内回数無制限)

こういった商材の場合、利益が出せるかどうかが問題なのでコンテンツのボリューム等は極端に気にする必要は無いと思いますが、ZOOMセミナーはゲリラ開催では無いほうが良いと思いますしLINEサポートの期間も少々短い気がします。

実践者の実績

LPによると実践者は以下のような利益を出しているようです。

元本 50万円→利益26万円
元本128万円→利益530万円

販売者も1ヶ月少々で元金256万円から710万円もの利益を出せたということですから、トレードのノウハウとしては優れているのかも知れません。

トレード手法が公開されていない

今回の商材で学ぶのはFXの裁量トレード(自分の判断で売買するトレード)です。

デイトレ・スキャルピング・スイングトレードなどFX投資の手法はありますが、どの手法を使って利益を出していくのかLPでは明らかにされていません。

外国為替市場は原則として平日および祝日(元日は除く)のほぼ24時間取引することが可能ですが、相場の値動きは常に活発に動いているのではなく、1日の中で相場が活発になりやすい時間帯が決まっています。

良いか悪いかは別として、時間帯を限定したトレードに特化した商材もあるくらいです。

東京オンリーFX を検証!株式会社金馬新聞 カズヤング(岩本和也)

そもそも論として、今この記事を読んでいるあなたは仕事や学業、家事などで日常生活が忙しいハズです。

そんな中でパソコンやスマホでトレードが出来る時間帯は限られていると思います。

今回の商材のLPは最近の商材にしては珍しく極端にコンテンツ(文字数)が少なく、どういったトレード手法なのか判断することが出来ません。

もう少し詳しい内容を明らかにしてもらえると向き不向きなども判断出来るかも知れませんが、現状のLPでは情報量が少なすぎるように感じます。

価格も448,000円と高額なので、実際にどんな戦略でどういった手法のトレードを行うのか詳しく説明して欲しいところです。

現時点では明らかにされている情報が少ないため、商材の良し悪しは購入してみないと判断することが出来ません。正直、詳しい内容が分からないものに約45万円を支払う勇気は私にはありませんね。

本当に1ヶ月で700万円の利益を出せるのであれば、45万円の費用も高いとは言いませんが、LPの内容は改善して欲しいと思います。

まとめ

今回は1ヶ月少々で元金256万円から710万円もの利益を出せたというDAYLY FX(株式会社リバイブ)について確認してきました。

FX初心者は無駄にポジションを取ってしまったり、損切が出来ずに大きな含み損を抱えてしまうなど、ついやってしまいがちな失敗というものがあります。

それを防ぐためにトレード手法を学ぶことは大切だとは思いますが、今回の商材は販売価格に対してLPの情報量が少なすぎて商材の良し悪しを判断することが出来ません。

千円・二千円の商品ならまだ分かりますが約45万円の商品にも関わらず、どんな戦略でどういった手法のトレードを行うのかも明らかにされていないため、私には購入する勇気がありません。

LPの情報量とトレードの収益性に相関関係はありませんが、あまりにも情報量が少ないというのが正直な印象です。

以上のことから本商材は現時点ではオススメいたしません。

もし、あなたが本当に稼ぎたいのであれば、私が現在進行形で運用し、実際のトレード成績のキャプチャ画像を毎日報告している以下の案件をオススメします。

月利10%〜20%ほどの現実的な利益を得ることができる案件です。胡散臭いと思う気持ちは分かりますが、私が人柱となり検証済みなので安心して下さい(笑)

【PR】毎日実績を報告中!現在進行形で利益を出しているFX自動売買システムとは?

この自動売買システム(EA)は、上記の記事に掲載した画像のような利益を普通に出し続けています。投資のみに関わらず「お金を稼ぎたい」とあなたが思っているのなら、この機会に当EAを手に入れることをオススメします。

詳しくは上記記事を参照下さい。

記事をシェアしていただけると更新の励みになります!
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました